プラクティショナーとの違いについて感じることはありますか

個別のスキルを習うプラクと違い、マスターは「じわり」と自分の内面が変化していくような気がします。知識を得るというより、変容する感じですね。

マスターは自己に問い続ける場。自分への向き合い方へのトレーニングといった印象です。トレーナーからも「ここはマスターコースですから」とよくフレームを掛けられました(笑)

印象的なスキルや、一番活用しているスキルを教えてください

「バリューの導出」と「催眠」です。

コーチングをしていると、ほとんどの人は自分の価値観を明確に意識せずに生活していることを強く感じます。「分かったつもり」でいるけれど、実際には意識化できていない。

結果、もやもやの中に居続けることになる。バリューを明確にすることで、自分の方向性がクリアになると感じました。

催眠は、面白さと恐ろしさを感じました。潜在意識に直接訴えかける言葉づかい。コーチとして、これはぜひ使いこなせるようになりたいと思っています。

マスターコースを終えて、今の気持ちをお聞かせ下さい

非常に深い鍾乳洞を一歩ずつ進むことで、「じわり」と変化していったんだなと感じています。

単純ですが凄いスキルなので、教わった内容をもっと日常で使えるようにしていこうと思います。単純で簡単ですが奥深いなと感じています。

あなたにとってNLPとは何ですか

人間の可能性と、人間そのものを探究する柔軟性に富んだひとつのモデル。

マスターコースをご検討の方へアドバイスをお願いします

プラクで学んだ考え方やスキルを、より発展させて内在化させるのがマスター。

プラクと比較すると、その内容はより抽象度が高くなります。だからこそ変容度が高く面白いです。その反面、倫理観を持って使わないといけないなという責任感が出てきますね。

トレーナーへのメッセージ

本当に真剣に講座内容を考えていただき、受講生のために最善を尽くしていただいたことに、心から感謝いたします。本当にありがとうございました。