NLPプラクティショナー|広島12期

コース1日目

NLPプラクティショナーコース広島12期。
それぞれの想いを胸に、変化への一歩がスタートしました!

私たちは生きていく過程で多くの経験をします。
泣いたり笑ったり、たくさんのことを感じながら日々歩んでいます。
そしてその過程で、自分を作り上げてきています。

その中で「なりたい自分」「望む毎日」を描くこともあるでしょう。
しかしながら、なかなか思い通りにいかないのが人生だったりします。

自分と向き合うことで、「なりたい自分」や「望む毎日」に近付いていくための学び。
それがNLPです。

初日は

  • 学びへの心構え
  • NLPとは
  • NLPの前提
  • 無意識とは
  • 情報の取り入れ方の癖
  • 本当の目標設定とは
  • イメージを活用した目標達成


こんなことをお伝えさせていただきました。

初日ということで、受講生の皆様には緊張も見えましたが、
学びを進める中で、徐々にほぐれていったように感じます。

メンバーと共に学びや絆を深め、心や脳について知る。
そうすることで、自分への理解を深めていくことでしょう。
そして、ご自身の変化を感じていくことと思います。

次回は人間関係についてお伝えいたします。
楽しんでいきましょう♪

2017.01.27

コース2日目

NLPプラクティショナー2日目の今日は、以下をテーマに進みました。

「相手の心を開く」
「相手に伝わる言葉を選ぶ」
「上手くいく時とそうでない時の違い」


まずは「相手の心を開く」について。

NLPプラクティショナーコースでは「ラポール・スキル」という
相手の心を開くNLPのスキルを学びます。

これは、脳の仕組みを上手く活用することで
「つい心が開いてしまう」という現象を引き起こすものです。

その理論的な根拠と手法をお伝えし、
実際にスキルの練習で行いました。

「ラポール・スキル」自体は誰でにでも出来る簡単なものです。
しかし、簡単なものほど奥深いもの。

自然にできるようになるまで、
意識して練習をする必要がありますね。


次に、「相手に伝わる言葉を選ぶ」について。

人は五感を使い「見たり、聞いたり、感じたり」しながら、現実を捉えています。
しかし、その使い方には個人差があり、物ごとの捉え方にも個性が出ます。

そのため、同じ出来事を共有しても、

「同じものを見ていない」
「同じことを聞いていない」
「同じ感覚を味わっていない」

こんなことが起こります。


自分や相手が「五感のどの感覚をよく使っているのか?」を知る。
そうすることで、より伝わる言葉を選択できるようになります。


まずはワークで「自分がどの感覚をより使う傾向があるのか」を診断。
その後「相手が良く使う感覚」を見抜く練習を行いました。


受講生からは

「だからあの人に上手く伝わらなかったんだ」
「一緒にいて感じる違和感はこの感覚の違いだったんだ」
「感覚を合わせるとわかりやすいです」

こんな言葉をいただきました。


最後は「上手くいく時とそうでない時の違い」について。


私たちは「体験」を通じて多くのパターンを身に着けます。
パターンの中には「自分にとって好ましいもの」「そうでないもの」色々あることでしょう。

悪いパターンの多くは、以下の手順により脱却することが可能です。

・良いパターンと悪いパターンを明確にする
・悪いパターンの崩し方を知る
・良いパターンになるよう意識的に行動する


講座では「このポイントが結果に関係している」というご自身の分岐点もわかり
今後の行動における、良い気付きとなったようですね。

次回は「観察すること」と「イメージの力」について学んでいきましょう!
そして懇親会をみんなで楽しみましょう♬

2018.02.03

コース3日目

広島第12期NLPプラクティショナー。
3日目は「観察」と「イメージの力」について深めた1日でした。


何かを成し遂げようとする時、あるいは、問題を解決しようとする時。
「観察力」を磨いておくことは大変役に立ちます。

上手くいく時とそうでない時の違い
上手くいく人とそうでない人の違い
普段との違い
言っていることと態度の違い

これら「少しの差」に気付けることで、
対処法を見つけることが出来るようになるからです。

講座では「観察力」アップのために

観察するということはどんなことなのか?
見るべきポイントはどこにあるのか

をお伝えさせていただきました。

また、観察するための土台作りとして

五感を研ぎ澄ます練習をいくつか行いました。


次にイメージの力について。

私たちは、今までしてきた経験を「イメージで保管」しています。
また同時に「感情も保管」しています。

そのため「昔の記憶を思い出すと、その時の感情も蘇る」
ということが起こります。

イメージが鮮明であればあるほ感情も沸き起こりやすい。
逆に、イメージがボヤけると感情も沸き起こりにくくなります。

失敗や失恋を引きずる時、

イメージが鮮明に残っている
思い出す頻度が多い

こんな場合に起こると言えます。

私たちはこの「イメージしたもの」に思考が引っ張られ
発言や行動を行いがちです。

だからこそ

イメージを上手く創る
今持っているイメージを修正する

これらを行うことで、感情や思考に大きな違いを創ります。
それは異なる行動や結果へと繋げてくれます。

今回は、そんなイメージについて
「サブモダリティ」という手法を深めていきました。

講座では、実際に「イメージの力」を体感していただくワークがあります。

その中で「好きな食べ物を好きで無くす」ということを毎回行っています。

このワークによって
・当時22歳だった男の子はコーラーを3年間飲んでいない
・ある主婦はミスドを見れば行ってしまっていたのに行かなくなった
・家呑みの際にベビースターラーメンを食べていたが食べなくなった
・コンビニついつい買ってしまっていたブロックチョコを買わなくなった

こんなご報告を数多くいただいています。

さぁ、今回のメンバーはどんな結果が出てくるのか!?
凄く楽しみですね♪

講座のあとは、懇親会を行いました。
12期は、お酒が好きな方が多いようですね!

さて次回は「気持ちのスイッチをつくる」「質問の力」について深めていきます。
また楽しんでいきましょう!