NLPプラクティショナーコース|広島15期

コース1日目

アインシュタインの言葉にこんな言葉があります。
「同じことを繰り返し、違う結果を求める人を狂人という」

何かを変えようとした時、「今まで通り」という道を歩く限り、結果も「今まで通り」です。

「変えたい」想いを胸に勇気ある一歩を踏み出した15期生。
踏み出した瞬間から変化は始まっています。

これから学びを通じてどんな自分に出会うのか?
楽しみでワクワクしてきますね。

2018.10.28

コース2日目

「本音を話して欲しい」
「素直な言葉が聞きたい」
「なんで伝わらないの?」
「もっと解りあいたい!」

人間関係にまつわるこんな想いを実現していくスキルとして「ラポール」「表象システム」をお伝えしました。

ワークを行うことで受講生の仲もグッと深まりましたね。
講座後の懇親会も大盛り上がりでした。

2018.11.11

コース3日目

普段、あなたが手にすることの出来ない情報を手にするために「読み取る力」「感度」をアップさせることは大変意味があります。

また、イメージをする力をアップさせることで、感情や思考、行動に大きな違いを生むことが可能になります。

プラクティショナーコース3日目は、ゲーム形式で楽しく練習をすることで、「観察するポイント」や「イメージの使い方」を掴んでいきました。

2018.11.25

コース4日目

気持ちをコントロールする「スイッチ」作りと、質問について学びを深めました。

私たちは感情によって、出来ることが出来なくなったり、行動に繋がらなかったりします。

また、質問の仕方によっては、新たな気付きが得られたり、本音を引き出したりします。

今までと違う答えとの出会い方を深めていただいた1日となったことでしょう。

2018.12.09

コース5日目

伝わらなくてイライラ
解ってもらえなくて悲しい
想いが届かなくて淋しい

こんな気持ちになることってありますよね。

普段何となく使っている言葉。
でも、ほんの少しの工夫で、相手への届き方は格段に違いを生みます。

想いや考えがより伝わるように!
言葉の使い方を深めていきました。

2018.12.23

コース6日目

なぜ生きるか」を知っている者は、
ほとんど、あらゆる
いかに生きるか」に耐えるのだ。
        〜 ニーチェ 〜


私たちは「何のために」という本質的なことを忘れることがあります。

プラクティショナーコース6日目は、自分の生きる意味や自分の持つ使命に気付いていくワークを行いました。

身体が熱くなったり、光の世界が見えたりと、神秘的な体験をされた方もいらっしゃるようで、自身の中にある可能性に胸踊る体験となったようです。

2019.01.13