NLPプラクティショナーコース|広島18期

コース1日目

本日より18期NLPプラクティショナーコースがスタート!

あるコンサルタントは「成功の反対は0(ゼロ)であり、行動した方だけが成功を手にしたり、失敗を糧にする事が出来る」と言います。
またNLPの前提には「失敗はない。フィードバックがあるだけ!」という言葉があります。

行動した方だけが「見れる景色」「聴けるメロディー」「触れられるもの」があります。

18期の仲間はどんな未来を創っていくのか?
楽しみながら進んで行きましょう♬

「想像が創造に、未知が道になる」

2019.08.03

コース2日目

お客様との距離、気になるあの人との距離、苦手なあの人との距離、子供との距離。
様々な距離がありますが、より素早く、より深く、その距離を近づけることができるとしたら…?

2日目の今日は「心の距離」について、心理的な原理をお伝えし、迅速に関係を築くスキルの練習を行いました。

その甲斐あってか、講座後の懇親会も大盛り上がり。翌日からはグループLINEも賑やかになりました。
学びを深めるとともに、仲間との関係も深まっていきますね。

2019.08.17


コース3日目

一流のアスリート、芸術家、トップビジネスマン…

彼らに共通するのは、日々のイメージトレーニングです。
イメージが行動や感情に多大な影響を与えることを知っている彼らは、自身にとって悪いイメージを軽減し、良いイメージを創ることで結果を出しています。

イメージを活用することで、様々な成果をえることができますが、講座では「好きな食べ物を好きではなくす」という実験にチャレンジします。

毎回のことですが、実験後には「食べたい気持ちがなくなった」「もう手に取らない」と、おもしろいくらいの反応をいただきました。

2019.08.31

コース4日目

「感情に違いを生む」ということをテーマに3つのことを行いました。

①アンカリング
行動療法をベースにしたスキルで、欲しい感情を呼び起こすスイッチの作り方。

②質問力
Yahoo!やGoogleで検索する際、キーワードを変えると表示されるページが変わるように、質問によって引き出される答えは変わります。

③視点を変える
捉え方を変えることで短所も長所に変わります。
捉え方を変え、色々な解釈が出来ることは、行動に大きな影響を与えます。

心の状態は、能力を発揮する際に大切な要素の1つです。
これら3つのことにより、今までとはことなる思考や感情・行動に繋がっていくでしょうね。

盛り沢山の一日でしたが、楽しく学んでいただけたようで、「え、もうこんな時間!?」と驚きの声が上がっていました。

2019.09.14

コース5日目

『言葉を使いこなす』

日常私たちが何気なく使っている言葉。
ほんの少し意識して使うだけで伝達力が増します。

講座では29ものパターンをお伝えし、日常での使い方の例を提示致しました。

私たちは想いや考えを伝えあいながら相互理解をしていく生き物です。
伝える工夫をすることを人は『優しさ』と呼ぶのかも知れませんね。

2019.09.21

コース6日目

【まだ見ぬ自分に触れる】

自分は何のために生きてるのか?
目標を達成するのは何のためか?
何のためにスキルアップを図るの?

自分の内側深くに眠る、自分さえ気づいていない本質に迫っていくことを行いました。
ワークを行う中、とめどなく涙が溢れる方も。

私たちには理性や思考力があります。
そのため、心が求めていることを抑えていたり、叶える為の手段を考える内に手段が目的化していることがあります。

自身の内側に触れることで、忘れていた想いや隠してきた気持ち、見ないふりしてきた願いに気付いていくことは、生きる意味やこれからの過ごし方に価値をもたらします。

2019.10.05

コース7日目

「気持ち」について深く学ぶ1日。

前半は「自分の気持ち」と「相手の気持ち」にフォーカス。

わかって貰えない怒り
伝わらない淋しさ
受け入れてもらえない悲しみ

そんな未消化の気持ちを吐き出し、同時に、相手の気持ちも考えていきます。
そうすることで、今後の関係性に違いを生むことが可能になります。


後半は「自分の中に在るもの」にフォーカス。

本を読むと決めるのに携帯を触ってしまう
素直に謝った方が良いと分っているのに謝れない
お酒を飲むと身体に良くないけど飲まないとストレスでやってられない

頭では分かっていても行動に移せないこと、頑張って行動してもスッキリしないことがありがちです。
そんな「気持ち」をクリアにしていきました。


本日1日を通して

「大変な1日でしたが凄くスッキリしました」
「自分の奥底にある気持ちに気付き吐き出せて良かった」
「これで自分を責めることがなくなりそうです」

こんなご感想をいただきました。

2019.10.20