NLPマスタープラクティショナー|広島8期

コース1日目

マスター初日は「言葉」と「思考」について深めていきました。

どのように「思考」のパターンが作られるのか?
そしてそれが、どのように言葉に反映されるのか?

言葉の深さを追求しつつ、理論的に物事を捉えるということにチャレンジしていただきました。

受講された方からは

「気持ちを汲み取るってこういうことか!」
「こうして考えるから、問題解決が早いのですね!」
「言葉や考え方を学ぶだけで人生豊かになりますね」

という声が上がっていました。

2019.12.15

コース2日目

「価値なきところに行動なし」

私たちは価値を感じる方向に行動をしています。

早起きするよりあと10分寝たり
本を読むよりスマホをみたり

一見、何の価値もないよというような行動ですら、自分にとっては価値を感じるからこそしてしまうものです。

自分の価値を知ることは、目標に向かってスムーズに行動が出来るようになります。
また、他人の価値を掴むことは、指示やアドバイスがより有効になります。

部下の育成/子供の教育/商品の宣伝

価値の作り方を知っておくことは、様々な場面において役に立ちます。

2019.12.29


コース3日目

お金持ちになりたいと思った時、あなたは下記のどちらを選択しますか?

①お金を貯める
②お金を使う

どちらを選んでも正解です。

しかし私たちは、より強く信じている(信じられる)方法を選択します。
これを「信念(思い込み)」と言います。

思い込みは、自分の行動を促す時もあれば、行動を制限する時もあります。
いずれにしても、自分の考えが自分を自由にも不自由にもしてしまうものだということです。

講座では
・思い込みの見つけ方
・緩め方と強め方

これらを、いくつかのケーススタディをもとにお伝えしました。

自身の言葉の中にあるたくさんの思い込みにビックリしながら、笑いの絶えない1日となりました。

2020.01.05

コース4日目

『行動を促す動機付け』について深めていきました。

私達は1人ひとりが反応しやすいパターン(癖)を持っています。

「ご褒美」「メリット」「勝利」「GET」といったものに反応しやすい方もいれば
「罰」「損」「負けないように」「予防」といったものに反応しやすい方もいます。

こういったパターン(癖)を知ることで、言葉掛けを変える工夫が可能になります。

自分本位に伝えるのではなく、相手のパターン(癖)に沿って伝えることで、伝達力は上がり、納得や行動をしてもらいやすくなります。

講座では20パターンもお伝えさせていただきました。

「私、これです!笑」
「あの人はこれっぽい!?」
「こう言えば良かったんだー」

などと、笑いとともに言葉の使い方を知っていただきました。

自分だけではなく、誰かのためにも「響く言葉」の使い方を深めていっていただけることを願っています。

2020.01.13