NLPプラクティショナーコース|オンライン21期

コース1日目【ガイダンス】

グロウアップのNLPプラクティショナーコース。
ついにオンライン授業がスタートしました!

約3ヶ月間をかけて、動画とzoomを通じて学ぶカリキュラムです。

動画は順を追って定期的に配信。
学んだことを習慣化することはもちろん、空き時間で手軽に学んでいただけます。

また、期間中は10回のディスカッション日を設けています。
そうすることで、ただ動画を観るだけではなく、学びをより定着することが出来ます。

今回は再受講生を含め、九州から東京にお住いの方、36名の皆様と学びを深めてまいります。
すでにグロウアップの通学講座に通われていた方々からも大変好評で、

「何度も繰り返し動画で学べるのが凄く良い!」
「動画を途中で止めても大丈夫な気軽さが楽ですね」
「場所を選ばないので学びやすいです」
「会場に行く手間や拘束される時間がないため助かります」
「服やメイクを気にしなくて良いのでリラックスして学べて良いですね」

といった、沢山のお声をいただきました。

新型コロナウィルスの影響を受けての新たな試みですが
受講者様にとってより良いサービスにしていくチャンスとなりました。

3ヶ月間でどのような変化が訪れるのか?
凄くワクワクしています。

ガイダンス終了後は、以下の動画を随時ご視聴頂きました。

  • NLPの概要①(36:00)
  • NLPの概要②(41:50)
  • NLPの前提(33:24)
  • 無意識の役割(26:24)
  • コミュニケーションモデル(25:05)
  • アウトカム①(35:39)
  • アウトカム②(29:38)
  • アウトカムワーク①(15:41)
  • アウトカムワーク①(16:46)

 ※()は動画の再生時間

また、各々で実践練習も行って頂きました。

  • アウトカムワーク①「8フレームアウトカム」
  • アウトカムワーク②「タイムライン」

2020.05.01

コース2日目【NLPの基礎知識/目標設定】

1日目の解説と実践練習(ワーク)に対する、zoomディスカッションを行いました。

それぞれの動画は、一見それぞれ独立したテーマのようですが、
実はすべて「自分の欲しい結果を手にする、ということに繋がっている」
ということをご理解いただけたようです。

「だから結果に繋がるんだ!」
「もっと早くからそんな風に考えていたら…」
「知らないと損しますね」

そんな声が挙がっていました。
これからさらに、結果を手にするためのスキルや考え方をお伝えしていきます。

それらがどう繋がっていくのか?
そして、どんな変化を手にしていくのか?
凄く楽しみですね。

ディスカッション後は、以下の動画を随時ご視聴頂きました。

  • ラポール①(32:41)
  • ラポール②(35:12)
  • ラポールワーク(04:53)
  • アソシエイト・ディソシエイト(10:21)
  • アソシエイト・ディソシエイトワーク(03:40)
  • 表彰システム①(27:00)
  • 表彰システム②(25:20)
  • 表彰システムワーク(01:03)

 ※()は動画の再生時間

また、各々で実践練習も行って頂きました。

  • ラポールワーク
    「バックトラッキング」
    「マッチング&ミラーリング」
    「ペーシング」

  • アソシエイト・ディソシエイト
    「タイムライン」

  • 表彰システムワーク①
    「優位表彰システム:優先度のテスト」

  • 表彰システムワーク②
    「リード表彰システム:質問&目を観察」

  • 表彰システムワーク③
    「ストラテジー:服を買う手順を抽出」

2020.05.03

コース3日目【他者との関わり方】


2日目のディスカッションは、チームに別れてワークを行いました。
※上記の動画は、本日のディスカッションを一部抜粋したものです。

大切なのは「一致感」です。
これはコミュニケーションだけではなく、目標達成・問題解決など、全てにおいてのポイントとなります。

多くのスキルをお伝えさせていただきましたが、大切なのは「スキルを使う人」です。
気配りや配慮など、相手を思いやりながら接するからこそ、スキルが力を発揮します。

社会は、オンラインでコミュニケーションが増えていく流れになっています。
対面よりはるかに高い、コミュニケーション能力が必要とされます。

オンラインと、オフラインでは、コミュニケーションスキルの使い方を変える必要があります。

グロウアップの講座を受講されている方は

・オンライン/通学 どちらも学ぶことができる
・再受講もずっと無料

そのため、これからの未来に大変有用なカリキュラムだと感じています。

ディスカッション終了後は、以下の動画を随時ご視聴頂きました。

  • キャリブレーション(40:00)
  • キャリブレーションワーク(05:13)
  • サブモダリティ(24:14)
  • サブモダリティワーク(06:50)
  • スイッシュパターン(16:32)
  • スイッシュパターンワーク(07:13)

 ※()は動画の再生時間

また、実践練習も行って頂きました。

  • キャリブレーションワーク
    「鋭敏性を養う」

  • サブモダリティ
    「マッピングアクロス」

  • スイッシュパターン
    「サブモダリティ スイッシュパターン」

2020.05.10

コース4日目

3日目の動画テーマにについて、ワークとディスカッションを行いました。

他人を観察し、関係を調節する。
自分の行動を観察し調節する。
自分の思考を観察し調節する。

観察が疎かだと、まともな調節にはなりません。
観察は基礎中の基礎になります。

ワークは、人狼ゲームを通じて「観察」「質問」「理論的思考」を養っていきました。

「遊びながら鍛えられるから良いですね」
「こんな練習なら毎日したい」
「次はいつしますか?」

などの声があがり、終始笑いの絶えない楽しい時間となりました。

観察力を鍛えることは、日常にたくさんの恩恵をもたらします。
今まで得られなかった情報が得られるようになることで、どんな風に変わっていくのか楽しみですね。

ディスカッション終了後は、以下の動画を随時ご視聴頂きました。

  • 記憶のメカニズム(08:03)
  • アンカリング①(28:22)
  • アンカリング②(19:13)
  • ワーク ベーシックアンカー(04:35)
  • ワーク スタッキングアンカー(04:17)
  • ワーク コラプスアンカー(08:16)
  • メタモデル①(31:28)
  • メタモデル②(23:20)
  • ワーク メタモデル問題集(01:28)
  • ワーク 頭に浮かんだのは何?(06:12)
  • リフレーミング①(28:07)
  • リフレーミング②(17:27)
  • ワーク リフレーミング問題集(01:37)

 ※()は動画の再生時間

また、実践練習も行って頂きました。

  • メタモデル
    「ツッコミを入れる」
    「メタモデル問題集」

  • リフレーミング
    「リフレーミング問題集」

2020.05.17

コース5日目

問題解決は問題発見から!
世間では、問題解決の手法がよく話題になりますが、本当に大切なことは問題を発見する力です。


問題解決の手法を知っていても、問題を発見できないと意味がないからです。
また「何を問題とするのか?」その定義に間違いがあると、本質的な解決に至らなくなります。

ディスカッションでは「問題発見能力の基礎となる3つのスキル」についてワークを行いました。
ワークを通じて問題発見の大切さを実感していただくと共に、問題の発見の仕方も掴んでいただけたようです。

受講生からは「これからの人生がより明るく楽しいものになりそうですね」と
問題に対するイメージが変わったといった感想をいただきました。

ディスカッション終了後は、以下の動画を随時ご視聴頂きました。

  • メタファー(32:09)
  • ミルトンモデル①(27:49)
  • ミルトンモデル②(46:22)
  • ミルトンモデル③(40:31)

 ※()は動画の再生時間

また、実践練習も行って頂きました。

  • メタファー
    「定義系 練習課題」 
    「定義系 例えツッコミ」
    「概念系 練習課題」
    「概念系 メタファーの作成」
    「あなたの思う 魅力的な物語」

  • ミルトンモデル
    「日常にあるミルトンモデルを探す集」
    「ミルトンモデルを使ってラブレターを書く」
    「日常で ”意識して” 使ってみる」

2020.05.24