企業研修・人材育成

グロウアップの企業研修・人材育成は、階層・テーマ・実施回数など、お客様の要望に応じてデザイン致します。目指す方向性や回避したい問題などを打ち合わせさせていただき、それに沿った研修を行います。
また学んだことを即練習したり、テーマに沿って考えていただくようなワークを盛り込み、理解したことを体感することで「わかる」「できる」にしていきます。
希望に応じて研修後の後追いも行いますので、しっかりと身に付け結果に結びつけることが出来ます。そのほか講演・講座の講師として、トレーナーを招来して頂くことも可能です。

人材育成3つのアプローチ

<1> 思考の枠を変えることで、これまでと違う行動・結果を生み出す

人は自分の視点で物事を捉え・判断します。この視点こそが思考する際の「枠」(フレーム)となるのですが、人は、大きく4つの枠(フレーム)を持っています。この「枠」(フレーム)を意識的に使えるようになることは、今までと違う思考・行動を生みだし、結果、社員の成長・組織の成長に繋がります。

詳細を見る

閉じる

【4つの思考の枠】

(1)時間(過去・現在・未来)
人は時間の軸を持っています。この時間軸のどこに基準を置いているかによって、「現在」の思考に違いが出ます。この基準を知ることは動機付けとなる言葉が判明するということです。自分自身でモチベーションを上げる時、上司が部下に指示を出すなど、効果的な言葉掛けが可能になります。また、あえて別の基準をもとに思考を促すことは、今までと違う思考回路を使うため、出てくる発想が変わり、当然結果も違ってきます。

(2)ポジション(自分・相手・第三者)
人は状況や立場によって考え方が変わります。この考え方を意識的に変える方法を用いて、上司や部下、お客様といった立場での思考を実現します。自分の立場では正しいと思えた判断が、他者の立場ではどう捉えることになるのか?そして、それが第三者だとどう感じるのか?という思考を巡らせることで、問題点や課題の発見につながり、今すべきことが明確になります。

(3)情報のサイズ(詳細・おおまか)
同じテーマで話しているにも関わらず話が噛み合わないということがあります。それは語る情報の大きさが違うからです。おおまかに話す習性の方は、「具体的な手法」や「問題点」などを見逃しがちです。逆に詳細にこだわる方は「本来の目的」や「柔軟性」を忘れがちです。意識的におおまか・詳細を使い分けることで思考の整理に繋がり、会議などで大いに役立ちます。

(4)意識のレベル(環境・行動・能力・価値観・自己認識)
人は思考を、環境・行動・能力・価値観/信念・自己認識・共同体感覚といった6つの階層で行います。マネジメントをする際に、褒め方・叱り方はスタッフのモチベーションへの大きな要因となりますが、この階層を利用することで効果的に指示を伝えることが可能になります。 また、スタッフ個人がこの思考方法を知ることは、自己認識に大きく影響を与えることが出来るようになり、行動力を増すことにも繋がります。

<2> 定着・継続への習慣化プログラム

人は体験を通じて学習します(強烈な体験/繰り返し行われた体験がプログラムを構築します)。快感や幸福感、楽しさなどを感じる時、ドーパミンと呼ばれる物質が脳内に分泌されます。この時脳は、その時の状況や行動を克明に記憶し、その快感を再現できるようにしようとします。そして、もっと効率的に快感を味わうために、新しい回路を造りだそうとします。

これらを繰り返し行うことで熟練されていくことを「強化学習」と呼びます。グロウアップの講座では、「わかる」ではなく『できる』を念頭に、独自のワーク(実践練習)を交え、楽しみながら真剣に考えるスタイルで進みます。そして、次回の研修までに行う課題を提出し、日々の業務においても繰り返し行うようなカリキュラムとなっています。

<3> 個の成長とチームの成長

人には動機付けとなる20のプログラムがあると言われています。ある人はニンジンをぶら下げられると意欲が増し、ある人は問題を回避することに力を発揮したりします。弊社の研修では、このプログラムに沿って言葉を使い分け、それぞれに響くように行っています。

詳細を見る

閉じる

このプログラムの中身を理解し実践することは、マネジメントではスタッフの動機付けに大いに役立でしょう。「スタッフは何のために仕事をしているのか?」「仕事において何を大切にしているのか?」「大切にしていることを満たす基準はどこにあるのか?」といったことを含めて理解することは、スタッフとの、より強い関係を構築します。

そして、会社の掲げる理念や目標とスタッフの望むものをイコール(等価)させることで、共通の目的となり、仲間意識が芽生え、帰属意識へと繋がっていきます。

動機付けとなる20のプログラム

外的振る舞い 内的処理 内的ステート(状態) 適応反応
方向性のフィルター 理由のフィルター 参照枠のフィルター 確信するための表象システムのフィルター (コンビンサー)
確信するための実証のフィルター (コンビンサー) 管理方向のフィルター 行動のフィルター 所属のフィルター
仕事の志向フィルター 主要な興味のフィルター チャンクサイズ(情報サイズ)のフィルター 関係のフィルター
感情的ストレス反応 時間保存のフィルター 叙法助動詞の配列パターン(Modal Operator Sequence) 注意方向のフィルター

クライアントの声

企業研修

売上アップや離職率低下など、お客様の目指す方向や回避したい問題などをヒアリングさせていただき、1回の研修から複数回の研修まで、お客様の要望に応じてデザイン致します。学んだことをその場で即練習したり、テーマに沿って考えていただくようなワークを盛り込み、「わかる」から『出来る』にしていきます。また、希望に応じて研修後も協力して過程を見守りますので、しっかりと身に付けていただけ、結果に結びつけることが出来ます。

研修の例

新人~若手社員

コミュニケーション、営業力アップ、メンタリティ

中堅~管理職

モチベーションアップ、目標設定、リーダーシップ、思考整理、プレゼンテーション、会議

管理職~経営層

マネジメント

料金

年間プログラムⅠ

150万円(税別)

春夏秋冬の四半期ごとの研修(3H/4回)

年間プログラムⅡ

300万円(税別)

毎月1回の研修(3H/10回)

半日研修(単発)

50万円(税別)3H/ 1回

1日研修(単発)

70万円(税別)6H×1回

※1 交通費・宿泊費は別途頂戴いたします。
※2 弊社への営業協力により、予算のご相談に応じることも可能です
※3 助成金を活用したプランもございます。遠慮なくご相談下さいませ。

個人コーチング

クライアントの内側に眠る能力を引き出し、「悩みや課題をクリアに」「目標へと向かう推進力を」「思考の整理」「感情の安定」など、望ましい状態へのサポートを行います。

  • 特定の社員の能力を引き出したい!
  • 特定の社員の精神衛生面をなんとかしたい!

あるいは、

  • 経営する悩みを打ち明けることで思考や感情の整理を行いたい!
  • 理念や方向性作りを、より効果的に行いたい!

このような場面でご利用いただけると、より効果が得られるでしょう。

料金

通常プログラム

70,000円(税別)90×3

※以降90分追加ごとに、プラス2万円(税別)

単発

30,000円(税別) 90分×1回

顧問契約

社内における悩みや問題、目標に向けてどうすれば良いのかなど、その都度出てくる相談に応じます。社員のタイプ別診断を行い、それに沿った関わり方の指導や個別面談など、手段と計画を持って人材育成を行うサポートを行います。

導入後の流れ(図を画像でおきます)
方向性の確認→チーム状況確認(マネジメント担当者と打ち合わせ)→社員のタイプ別診断→診断結果を共有し、関わり方を指導→月一の定期訪問による進捗確認と打ち合わせ(電話やメールでの対応は随時行います)

料金

半年契約

60万円(税別)

年間契約

100万円(税別)

上記は社員数30名以下の場合になります。それ以上になる場合はタイプ診断費用として、お1人当たり2万円を頂戴いたします。

まずはお悩み・課題をお聞かせください
お電話・メールにてご相談をお受けしております