NLPマスタープラクティショナー

深い自己理解と影響力を高める!NLPマスタープラクティショナーコース

心理学の応用方法を学び、あなたの人間力をより高めるプログラム。
人間の行動や選択の基準となる「価値観・信念」に迫り、他者に対する影響力や貢献度を増したい方へ。

  • 無意識にある価値観・行動指針を知り、スムーズな行動を創出
  • 制限にチャレンジし、新たな選択肢を見出す
  • 思考と言語を操り、望ましい方向へと導く

より深い自己理解と、他者への貢献度を高めます。
コースが進むにつれ、これまでにない景色が広がることでしょう。

米国NLP協会など、他団体でプラクティスコースを修了された方もご受講可能です。

全米NLP協会の認定証が発行されます

コースの目的

  • 人間力を高める
  • 教育・育成力の向上
  • 提案力・プレゼン力の獲得
  • リーダーシップの発揮
  • コーチング・カウンセリングを現場で活かす

コースのテーマ

  1. 言葉と思考
  2. 価値観・交渉術
  3. 思考と行動に違いを生む
  4. 本音を引き出す
  5. 行動を促す
  6. 思考を整理する
  7. 過去から力をもらう
  8. プレゼンテーション(応用編)
  9. コーチング・カウンセリング(応用編)

受講生の声

カリキュラム

チャプター1:言葉と思考

  1. NLPについて
    マスター受講の心構え
  2. 前提(言葉による仮定)
    言葉に出ない想い・隠された真意を知る
  3. デカルト座標
    思考に柔軟性を持たせる
  4. 演繹法・帰納法
    相手や状況に適した説得力を得る
  5. SMARTゴールとSCOREモデル
    必要な質問・不要な質問を判断する
  6. ロジカルシンキング
    論理的に思考を構築する

チャプター1は「言葉と思考」がテーマ。

言葉に意識を向け「本当は何を言いたいのか?」を読み取ると、悩みや問題の本質に早く気付くことができます。


また、論理的な思考を手に入れ「質問力」を上げると

  • 相談に乗るのが上手くなる
  • 説得や納得をさせやすくなる
  • 課題解決・目標達成の糸口を見つける
  • 新しい発想を生み出しやすくなる
  • 柔軟性を手に入れる

といった成果を得ることができます。

なおグロウアップでは「問いかける力(質問力)」を鍛え、強化することを重要視しています。
心の深層にある答えは、質問力がないと十分に引き出せないからです。


言葉と思考の使い方一つで、見える世界は格段に変化する。
NLPマスタープラクティショナーコースの学びを通じて、実感していただけるとおもいます。

チャプター2:価値観・交渉術

  1. バリュー
    価値基準を知り、最適な選択・決断を行う
  2. ネゴシエーション
    お互いをWIN-WINの関係へと繋げる交渉術

心理学では、人は価値観や思い込みによって意思決定をしていると言われます。

しかし、案外自分自身の価値観に気付いてはいないものです。


仕事に取り組むとき・家族と関わるとき・恋愛をするとき…
あなたはどんな考えで、何を大切にしているのでしょうか?

人生には様々な選択肢があり、どの道を進むか迷うことがあります。
そんなとき自身の本当の「価値観」を知ると、より適した思考・行動を手に入れることができます。

また頭ではわかっているけど、心がついていかない…という場合もあります。
NLPではスキルを用いて価値観の入れ替えを行います。
そうすることで、生きやすさを手にすることが可能になります。

なお価値観を知ることのもう一つのメリットに、交渉や会話があります。
相手の価値観が分かると、交渉はグッとしやすくなります。

チャプター3:思考と行動に違いを生む

  1. ビリーフ①
    イメージの力で思い込みを緩める
  2. ビリーフ②
    言葉の力で思い込みを緩める
  3. スライト・オブ・マウス
    制限を紐解き、思考を緩和させる

私たちは、自分の中あるビリーフ(思い込み・固定概念)をもとに、世界を捉えています。

「仕事は◯○するべきだ」
「結婚とは◯○である」
「成功するためには◯○が必要だ」
「親は◯○であるべきだ」

これら◯◯に入る言葉はすべて、過去の経験を基につくられたビリーフです。
これまでの人生であなたが築いてきた「ルール」とも言えます。

ビリーフに「正しい」「間違い」はありませんが、時に私たちへ「制限・ブレーキ」をかける要素になることがあります。


例えば「仕事は ”コツコツまじめに” するべきだ」というビリーフ。
このことを強く信じている人は、

  • 上手に手を抜く方法を選べない
  • 楽をして結果を出している人を認められない

ということもあるでしょう。

また「結婚とは ”忍耐” である」という思い込みがある場合

  • 必要のない我慢をしてしまう
  • 好き勝手に振る舞う配偶者に、不満が溜まる

という、不都合がおこる場合もあります。

そのような時、ビリーフ(思い込み・固定概念)を緩めると

  • 気持ちが楽になる
  • 抵抗感がなくなる
  • 柔軟な対応をする

という変化を手に入れることが可能になります。

チャプター4:行動を促す

4

  1. メタプログラム
    思考や行動のパターンを知る

私たちの心の深層には、情報をさまざまなふるいにかける「フィルター」のようなものがあります。

このフィルターは「無意識的に習慣となっている思考の癖」です。
その人の個性を形成する大きな要素であり、行動や思考を作り出しています。

そしてそれは「意思決定・行動選択」に関しても、例外ではありません。

ある状況において
「行動を起こす」or「行動を起こさない」
どちらに価値を感じるかは、各々のフィルターにより判断されます。


誰かに対して「融通が利かない」「頑固」と思う時。
自分に「やる気が出ない」と感じる時。

  • 各々の行動を起こす言葉や態度
  • 意思決定や行動までのパターン

を知り活用することで、レベルの高いコミュニケーションを行うことが可能になります。

そしてそれは、

  • 自己/他者の能力を引き出す
  • 意思決定に大きな影響力を与える
  • 人や場面にあった対応

に繋がります。

チャプター5:思考を整理する

5

  1. メタプログラム・ワーク
    チラシを用いた実践練習
  2. ディズニー・ストラテジー
    思考の癖を知り、バランスよく活用する
  3. チェイニングアンカー
    心や身体の動きを無理なく変化させる

チャプター5では、思考整理に役立つのスキルを学びます。

建設的な思考をする「ディズニー・ストラテジー」
望ましい感情や行動を習慣化する「チェイニングアンカー」

「思考」はあなたの個性であり、これまでの人生の歩みです。
それは無意識のうちに、あなたの行動や習慣を形作っています。

なかには「思考を整理することは難しい」と思われる方も多いでしょう。
しかしそれは単に、その技術を知らないだけなのです。

結果=考え方×心の状態×能力×継続だと言われます。

建設的な思考で「心の状態」を保ち、仕組みによって「継続を習慣化する」ことは大変価値のあることでしょう。

チャプター6:無意識の中に言葉を届ける

6

  1. 催眠
    内部対話を引き起こす言葉の使い方

私たちの内側には、本人も気付いていない大きな可能性が眠っています。

そんな可能性に気付くための関わり方に「催眠」というものがあります。

「催眠」という言葉に、怪しさを感じる方も多いと思います。
「人を思い通りに動かす術」のようなイメージされるかたもいらっしゃるでしょう。

しかし、ここで指す「催眠」は、ショー的なもの(いわゆる古典催眠)とは異なります。
人間心理の仕組みを利用した、誰でも習得できる技術です。


20世紀最高の催眠療法家として知られる精神科医・心理学者に、ミルトン・エリクソンという人物がいます。
彼は言葉を巧みに使うことで「本人も気付いていなかった本音」に気付かせました。

催眠には、一見普段の会話のように聞こえる雑談の中に、いくつもの心理テクニックが隠されています。

催眠の技術を用いて、言葉の使い方・文章の作り方を、今より少し工夫する。
そうするだけで「癒し」と「変容」を与える関わり方が可能になります。


なお催眠の技術は、学んでも「そのままでは普段の生活で使うことが難しい」ことが多いです。
そのため、グロウアップでは一般的な催眠スキルと共に、「日常的に活用するためのコツ」もお伝えしています。

催眠を学ぶということは、コミュニケーションの手法をより深く知るということです。

  • 今ある制限を解いていく
  • 目標に向かって背中を後押ししてくれる
  • 世界観をより広げる

自分や相手の中にある可能性に気付き、望む日常へと繋がる。
そんな喜びを感じて頂けることでしょう。

チャプター7:プレゼンテーション(応用編)

  1. サティア・カテゴリー
    影響力を高める振る舞い方
  2. 4Mat(フォーマット)システム
    相手のタイプに合わせた言語パターンを用いる
  3. ネステッド・ループ(エンベディッド・メタファー )
    学習効果を高める伝え方

NLPプラクティショナーレベルのプレゼンテーションは「人前で話すことを楽しめるようになる」ことがゴールでしたが、マスターコースではさらに「伝え方(準備・表現方法・伝える順番)」について深めます。

私たちは、誰かに何かを伝える時、その旨趣や想いをしっかりと伝達したいと思うものです。
しかし、ただ内容を説明し、熱く語るだけでは充分ではありません。

  • きちんと理解してもらう
  • もっと想いを伝える
  • 次の行動をスムーズに促す

これらを実現するには、相手に応じて伝達手段を使い分けることが大変重要です。

NLPのマスタープラクティショナーコースでは、このような視点を元プレゼンテーションの「応用編」を学びます。

  • 振舞いや表現を使い分け、伝達力を高める(サティア・カテゴリー)
  • 相手への動機付けを効率的に行う(4Matシステム)
  • 相手の無意識を喚起し、聞く姿勢を持たせる(ネステッド・ループ)

脳が持つ機能を有効に活用する。
相手に応じた伝達手段をプレゼンテーションの型として身につける。

そうすることで、伝え手の影響力は増し、より聴衆に響く話し方が可能になります。
あなたの想いや意図は、より相手に伝わるようになるはずです。

チャプター8:コーチング・カウンセリング(応用編)

  1. コーチング・カウンセリング(応用編)
    人の行動原理を知った上での関わり
  2. 認定証授与
    8日間の努力の証として、認定証を授与いたします
  3. 感謝のワーク
    時をともにした仲間へ感謝を伝え、コースを締めくくります

NLPのプラクティショナーコースとマスタープラクティショナーコース。
どちらも最終日にコーチング・カウンセリングを実践します。

プラクティショナーレベルは、以下の基礎的なスキルを使います。
「対人援助の心構えと、基礎を身につける」ことを目的としています。

  • ラポール
  • キャリブレーション
  • 視点の切り替え
  • 質問話法

マスターレベルでは、さらに、思考・行動パターンを活用する応用編となります。
これらを用い「心の奥底にある想いを汲み取る」こと目的としています。

  • 価値観
  • 信念
  • メタプログラム

プラク・マスター共に、これまでに学んだ使ってスキルを組合わせて、コーチング・カウンセリングを実践します。
実際にセッションを行うため、コース全体の復習も兼ねています。

なお一般的に、コーチング・カウンセリングというと「他者の目標達成・問題解決の手助け」というイメージが強いです。
しかし学ぶことで得られるものは、それだけではありません。

マスターレベルになると、価値観・信念・メタプログラムなど、深いレベルでの内部対話を行うことが可能になります。

価値観・信念・メタプログラムなど、マスターコースで学んだことを生かし、多面的な角度から問いかける。

そうすることで「動機」や「得たいもの」など、本人も気付かなかった答えを引き出すことが可能になります。

私たちが一番コミュニケーションを行っている相手は、自分自身です。

マスターレベルのコーチング・カウンセリングの技術を活用することで、他者援助だけではなく、自らの望ましい状態も「今以上に」「早いスピードで」手に入れることが可能になることでしょう。

カリキュラムは講座のアップデートにより、予告なく変更する場合がございます

募集要項

講座時間

学習スタイルを選べま

【対面授業】広島
・8日間の集合研修(各日10:00-18:00)
・SNSフォローアップ

【ブレンド型授業】東京・大阪・福岡
・動画のオンデマンド配信(8時間15分)
・6日間の集合研修(各日10:00-18:00)
・SNSフォローアップ

 ※対面授業は休憩を含みます
 ※ワークの進捗により終了時間が前後する場合がございます

受講費

通常価格:396,000円(税込)
※クレジット決済にてお支払いの場合は、Paypal利用手数料として、税込金額の3.6%を別途ご請求申し上げます。

定員

先着10名様(最少催行人数 4名)

講師

◆西前好朗
株式会社グロウアップ代表取締役
公認心理師・EP向上コンサルタント・全米NLP協会公認トレーナー

<講師について詳しく見る>